So-net無料ブログ作成
検索選択

結婚相手への希望は [誠実な人] [■結婚相談所通信]

結婚相談所でのプロフィール記入欄には、お相手の希望を
記入していただきますが、男性も女性も(誠実な人)希望
が上位をしめています。
簡単に誠実と言いますが、本当に誠実かどうか見抜くのは
簡単ではありません。

とかく、誠実な人は決して器用でないこともあります。

交際中、会う度に毎日「好きだ」「愛している」と言える
男性はリップサービスの場合も多く、信じて裏切られたという
女性も少なくないようです。

男性が女性の誠実さを見抜くのも大変ですね

女性から強引に迫られ誠実さを見ぬけずに失敗しない様に
男性諸君、要注意!

女性の誠実さは、どんな人にでも分け隔てなく接する女性は
誠実な女性と言えると思います。

彼氏にも彼女にも「この人だけは手放せない」と思われる
カップルが成功していくように思います。

そのように、適切なアドバイスを長い経験からさせていただく
のも結婚相談所の大切な仕事です。

長く結婚相談所の仕事をさせていただいておりますと最近は
皆さんに、我が子以上の愛情を持ってお世話させていただいて
いる久保田です(それが成婚にもつながります)

この度は70歳の男性も私共結婚相談所で結婚が決まりました。

決して息子の年齢では有りませんが、愛情をかけてお世話させて
いただき第2の人生をスタートしました彼に感謝の言葉いただき
ました「僕より年下の久保田さんに母親を感じました」と...

久保田「え! 貴方の母??」年上であっても会員様の母と思って
お世話させていただいております。


[ぴかぴか(新しい)]結婚相談所 東京 良縁カウンセリングルーム外苑
nice!(1) 

【行っきます】【行ってらっしゃい】並の挨拶だが温かい [■結婚相談所通信]

秋篠宮ご夫妻の長女眞子さまがキャンパスの恋が実り
この度婚約なさるという報道がりました。
正に平成生まれ同士の結婚です。
若いお二人の、ご婚約で、晩婚化に少しでもブレーキが
かかってくれる事を願います。

眞子さまのご両親である秋篠宮殿下と紀子さも同じ大学の
キャンパス恋愛で結ばれましたが、それから25年が経過
している事に月日の流れの早さを改めて実感しました。

眞子様の、お相手の小室さんは婚約なさる事が明らかに
なりました翌日、報道陣の前で、祝福の言葉に笑顔で応じて
まだ多くは語りませんでいたが早朝、自宅を出る前電話で
眞子さまと話した時【行っきます】【行ってらっしゃい】
と会話させていただいたと、はにかんで話して下さいました。

この何気ない挨拶が、どれほど素晴らしく緊張気味の彼の
励みになったか察することができました。
大きな愛情を感じました。

お子様を学校へ送りだす時も親が笑顔で「行ってらっしゃい」

結婚にマンネリ化して来ている御夫婦も奥様が元気な笑顔で
「行ってらっしゃい」にハッピーな一日になると思います。

私と同じマンションに1年前に越してきました少年ですが
今年から1年生です。
丁度、私が出かける時、ういういしい新しいランドセルを
背負って下校してきました。
私は、いつもより思いを込めて「お帰りなさい!!!」
可愛い新一年生、嬉しそうに元気に「ただいま!」
挨拶は基礎であり愛情ですね。

[ぴかぴか(新しい)]結婚相談所 東京 良縁カウンセリングルーム外苑

nice!(0) 

咄嗟の判断で、つわりの女性が優先席に [■結婚相談所通信]

5月8日月曜日は半袖でも大丈夫な一日でした。
私は普段は乗る事のない込み合う通勤時間の山手線に乗りました。

原宿から乗りました。
かなり混み合っていましたが、ちょうど原宿で優先席が一つ空いて
いましたので座りました。
どんどん混み合ってきて座席の前にも人が立ちふさがりました。
更に新宿駅でも乗客の方が車内に流れ込んできました。
その中の一人に暑いのにストールを巻いて比較的厚着の若い女性が
かなり気分が悪そうでした。

反対側の優先席の横でしたので私からは良く見えませんでしたが
彼女の座る席はなく、手すりに辛そうに、もたれています。
私は気になり隙間から見ていますと、どうやら妊娠マークがバッグ
についています。
周りの人達は、ほとんどがスマホに見入って気がついていません。
年配の私が席を譲るという恥ずかしさもありましたが意を決して
彼女に席を譲る決意をしました。
しかし、混み合っている車内の向かい側ですの声のかけよもうもなく、
思案しておりましたがちょうど私の前に立っていたのが中高年の男性でしたので、
久保田は勇気を出して、その男性に「そちらの若い女性妊娠していらっしゃるようで
ご気分が悪いようですので私の席に呼んでください」と、、、。
男性は気持ち良く対応してくださいました。
女性は蒼白な顔で倒れこむ様に私の席に座りこみました。
「倒れる寸前でしたので 助かりました~」と涙で感謝して下さいました。
誰も気がつかないで車内の 早朝での大事になっていたら、電車が
止まり通勤ななどの多くの人達に大迷惑がかかります。
シニアがヤングに勇気を出して席ゆずりをした事の誇りをもちました。
長い間、結婚相談所 から 若いカップルを送り出し沢山のベビー誕生に
貢献して、つわりの女性も見てきましたので経験から咄嗟の判断が
出来たのだと思います(笑)
席の前に立って協力下さった男性にもお誉めの言葉をいただきました。
元気なベビー誕生を祈ります!

[ぴかぴか(新しい)]結婚相談所 東京 良縁カウンセリングルーム外苑

nice!(0) 

心地良い夫婦関係とは [■結婚相談所通信]

心地良い夫婦関係とは適度なバランスが必要です。
一方がいつも強くて、わがままばかり言って、一方は相手の言い
なりで言いたい事も言い返せない関係ではいつしか行き詰まりが
来てしまいますね。

しかし人には性格と言うものがあリます。
何でも思た事をズバズバ言ってしまう女性と、何事も良く考えて
から口に出し行動もするご夫婦の話です。

旦那様は奥様の明るさ、チャーミングさに魅かれて結婚しました。
当然、奥様は彼の温厚さに引かれました。

結婚してからも彼女は言葉を発っするのも自分の方が早く物事に
対しても決定件が彼女になっていた事に気がついたようです。

彼女は、いつも自分が上位なっている事の気付いたようです。
簡単な問題だと思うと咄嗟に「やめとこう」「いやだ」
「好きじゃない」「何考えるの」「早く!」と口に出します。

旦那様の出番はなく、そっちのけ状態ですね。

しかし、彼女は早めに気がついて賢いです。

まだ、旦那様は可愛いいと思ってくれている時期ですが、そのうち
夫婦関係で、ご自分が、いつも下位だと気が付かれると思います。

しかし子供の頃から育まれた性格は簡単には変りません。
そこで彼女は夫に対して「ありがとう!」「ごめんなさい」など
感謝の言葉を使う頻度を多く持ちました。

物を選ぶ時でも簡単に「好きじゃない」と言うのを「ごめんさい
私はあまり好きじゃない」随分違ってきますよね。

そうした週間をつけると自然と、お店などでも「ありがとう」が
自然に出てくるため愛する旦那様には「君って本当に優しいね」と
言っていただけたようです。

nice!(0)