So-net無料ブログ作成
検索選択
■交際・デート ブログトップ

ファースト手つなぎ [■交際・デート]

最初からぎゅっと握ってはだめ、そっと手を差し伸べてみる.
そこに女性が手を差しだしたら合格。
これは男性、女性のどちらからもよくいただく相談ですが
女性からは「なかなか手をつないでくれない」
男性からは「手をつなぐ時のタイミング」手をつなぐなどという行為などは
理屈抜きで自然の成り行きなのですが
純情なお二人にとっては結構大きな問題のようです。
お互い手をつないだ時から一歩信頼関係も進みリラックスしたデートが楽しめます。

生真面目な男性は女性の体の一部に触れる事が
失礼ではないかと思う方も少なくありません。
手つなぎなど簡単にできてしまう男性から見たら
「なんで?」と思われるかもしれませんが
日常生活の中では結構女性が優位になります。

たとえば女性専用に車両があったり(一部のおかしな行動をする男性がいるためですが)
トイレにしても女性が間違えて男性トイレに入っても
「間違えた。ウフフ・・・」で済まされますが
男性が女性トイレに万が一間違えて入ったら大変なことになります。
男性は大変ですね。

女子へのアドバイスです。お互い手つなぎムードになりましたら
女性から甘えて男性の腕にご自分で手をさし出してみてください。
恋愛下手な男性と甘え上手な女性がうまく行っているケースがは多いです。
又、結婚後もおしどり夫婦になっている方も多いです。
参考にしてみてください。

[ぴかぴか(新しい)]結婚相談所 東京「良縁カウンセリングルーム外苑」
nice!(0) 

交際アドバイス。時には「鈍感力」の必要性 [■交際・デート]

今日は交際においての、男性と女性の、ちょっとしたすれ違いを防ぐためのアドバイスです[トイレ]

30代公務員のY男さんは、仕事熱心で誠実な男性でした。
入会後、比較的好みの女性とお見合いできた方ですが、
肝心なところで敏感すぎといいましょうか・・・
気を回し過ぎしまい、理想の女性とは上手く交際が続きませんでした。

女性からのお見合い希望は沢山ありましたが、
慎重にY男さんの好みの女性を選び、お見合いしていました。
さあ、お見合い後、ご自分が希望しました好みの女性と
交際することになり何回かのデートをしました。
明るくバラエティーに富んだ彼女は雰囲気を和らげたといと
冗談も交えて話したりする事に対して、彼は敏感に反応して
「僕は嫌われているかもしれない」
「彼女の今の言葉は怒っているのかもしれない。」

と、可愛い彼女が結構きつい事を言うたびに、勝手に気にしすぎてしまったのです。
彼女としては、全然悪気はないのに、彼は一人でへこんでしまっているのです。
折角好みの女性と楽しく交際しているのですから神経質にならないで時には鈍感力も必要です。
そのような会話になった時に彼が「その言葉きついなー」くらいの事が言い返せれば合格です。
「そうかなー、気になしました?」・・・と彼女、そうして会話のキャッチボールになるのです。
しかし、彼は自分は嫌われているかもしれないと連絡を控えてしまいました。
そのうちに自然消滅状態になりそうでした。

その後、彼からその経緯を聞きましたので女性に話しましたところ
「そうでしたか?反省します。お互いの緊張を和らげたいと思っていったのですが」
という展開でお互い惹かれいたお二人は交際が再開しました。
私は交際再開にあたりお互いへアドバイスとして、
男性には彼女が好きなのであれば信じて「時には鈍感力も必要です。」
女性には場を和らげたい時はそのかわいいその笑顔で、
出来れば彼の顔をのぞくような事ができればベストですとアドバイスしました。
お互いが惹かれていたのですから少しのズレを解消すれば後はとんとん拍子です。
彼らは4月の始めに京都にお花見に行く計画をたてています。
婚約も間近だと思います[ムード]

nice!(0)  トラックバック(1) 

デート編 [■交際・デート]

デートの場所はカップルの年齢、趣味趣向等で人それぞれですが今日は、デートでの私が気がつきましたアドバイスを少し書きます。
デートは全て段取り通りにいくとは限りませんどのようなアクシデントがおこるか分かりません。そのようなとき特に男性は臨機応変に対処できるとそれが魅力に変わることもあります(女性も男性に任せるだけではなくアイディアなどを出して助けてあげてくださいね!)
さてデート代金ですが結構問題なのです。男女平等を主張するのであれば割り勘が当たり前なのですが、中学生、高校生ではない大人なのですから男性は最初は気持ち良く、ご自分が払われたらどうでしょう。その後はケースバイケース女性も男性が払うの当たり前と言う心は捨てて必ず「ご馳走さま」「お茶は私が」などの気使いはしましょう。
そうは言いましても男性は女性を守るという気持ちが大きいのでデート代は男性が持つという方が、快くお払いくださるのに、「どうしても半分とってください」と何が何でも払わないと気がすまない女性もいますが、あまり強引だと女性の色気、可愛さが半減することもあります。その辺の判断が難しいですが男性の気持をとらえ「それでは次回は」このへんも臨機応変ですね。
男性とのお給料の差がある場合、又男性が気持ちよくお払いくださる場合などは男性を立てる意味でも気軽に男性持ちでも良いと思います。男性も出来ることなら好みの女性のために財布の紐をゆるめてください。
前にもブログに書きましたが男性が与えるものによって女性からそれ以上の喜びが与えられ理解し合って交際も良い方向に進展するものです。また気がついたことがありましたら書きますね。ご相談の電話が鳴り始めましたので今日はこの辺で。

結婚相談所「良縁カウンセリングルーム外苑」
一人一人の個性に合わせ、幸せなご結婚まで誠実にお世話いたします。

nice!(0)  トラックバック(0) 
■交際・デート ブログトップ